現在お住まいのお部屋に特に問題が無い限り、ご更新に関しては、ご来タイ直後のお部屋探しとは違い、それほど関心を持たれない方が多いのですが、実際にはご更新のお手続きはとても大切な要素をいくつも含んでいますので、ぜひ今回のコラムをご参考になさってください。

ご更新に当たり、まず確認しなければならないのが、オーナー側に更新の意思があるかどうか、と言う点です。
日本なら、オーナーさんは少しでもテナントさんに長く住んでもらいたがるものですが、タイでは、例えば老朽化したアパートなら建て直しのための立ち退き、コンドミニアムの場合にはオーナーさんが転売等の理由で更新を拒否する可能性が全く無いとは言えません。

次に確認するのは、お家賃が据え置きかどうか、と言う点です。
ソフトオープン中の新築サービスアパートや、オーナーチェンジのあったアパートなど、ご入居時のお家賃が特別料金だった場合、2年目からはお家賃が大幅に値上がりする事があります。

どちらも現在のお部屋を紹介した仲介業者に確認してもらいましょう。
もう一つの側面は、ご更新は、オーナー側にリクエストを出せる良い機会です。
例えば現在のお部屋や物件自体は気に入っているものの、どうしても改善してもらいたい点などがあれば、優先順位をつけて箇条書きにまとめ、こちらも現在の仲介業者にメールで相談してみましょう。

それから、重要なリクエストとしては、2年目以降の退去に関する契約条件に付いて、です。
1年目が契約満了60日前通知の物件の場合、何も言わずにいると毎年60日前のままになる可能性が高いですが、リクエストをすれば、45日、あるいは30日前通知が可能になる場合もあります。また、契約期間途中の解約も、日本への本帰国、あるいはバンコクから離れる場合には解約が可能と言う項目、あるいは付帯メモをつけてもらえることがほとんどですので、忘れずにリクエストしましょう。

それではいつごろ、どのタイミングで更新の手続きを進めれば良いのでしょうか?
もしご更新をなさらない場合、それぞれの契約書の内容により、30日、45日、あるいは60日前までにオーナーに書面で通告しなければなりません。

個人契約の場合、簡単な手書きのレターでもOKですし、仲介業者に頼めばレターフォームを作ってもらえますが、法人契約の場合には、会社でレターを準備してもらい、責任者のご署名をいただく必要がありますので、お早目の準備が必要です。

通常は、現在のお部屋をご紹介した仲介業者からご更新の案内が来るものですが、担当者が辞めていたり、お客様が多く、連絡漏れがおこる可能性もありますので、それぞれのお申し出期限の約半月前には、一度相談をしてみることをおすすめします。