今回は2019年注目の新築物件 The Park at EM District (ザ パーク アット エム ディストリクト)をご紹介していきましょう。

日本人に人気のプロンポンエリア、スクンビット・ソイ24の中ほどに、全6棟から成る広大な土地に高層のタワー型マンション「PARK 24」が2018年12月にオープン。
The Park at EM districtはその中の1棟(Tower 4)をアスコット、サマセット、シタディンなどを手がけるアスコットグループが管理・運営するタワーマンション型のサービスアパートとしてオープンしました。

立地・アクセス

プロンポンエリアと言えば、デパート、日本食レストラン、居酒屋、カフェ、スパ・エステ、学習塾など日本人向けのサービスが充実しているのでご単身、ご夫婦、ご家族、どなたにとっても最高の立地と言えるでしょう。
The Park at EM District はソイ22、24のどちらにも出入口があり、24側に出ればBTSプロンポン駅まで徒歩約8分という好立地。
エンポリアムスイーツまで1時間ごとにサービスカーによるシャトルサービスがあります。

1ベットルーム(50m²) – エグゼクティブ 76,000バーツ

The Park at Em District
The Park at Em District

グレーの壁紙にナチュラルなフローリング、お洒落な家具などアスコットグループのセンスの良さが光ります。
キッチンはコンパクトですが、食器・調理器具・洗濯乾燥機などが全て揃っています。

The Park at Em District
The Park at Em District

ベットルームは壁に鏡が使われていますので広く感じます。また、1ベットルームでもお風呂場とトイレが分かれており、バスタブ・洗い場有り、電動ウォシュレット等日本人には嬉しい設備となっています。
1ベットルームはこちら以外に39m²のタイプもあります。

2ベットルーム – エグゼクティブ(60m²) 85,000バーツ

The Park at Em District
The Park at Em District
The Park at Em District

基本的な内装・設備等は1ベットルームと同じです。セカンドベットルームがツインタイプとなります。
こちらはコンパクトなつくりなのでお風呂とトイレは分かれておらず、バスタブはありますが洗い場がありません。
2BRはこの他に54㎡、58㎡のタイプがあります。

その他のタイプ

The Park at Em District

お部屋のタイプはこちら以外にもスタジオ(29m²)、3ベットルーム(117m²)があり、単身、ご夫婦、ご家族まで幅広く対応可能です。

付帯サービス

メイドサービスは週3回(掃除・リネン交換)、インターネット、日本のテレビ視聴可、水道・電気代がお家賃込みとなります。

ファシリティー

The Park at Em District
The Park at Em District

28階の最上階には眺めの良い40m級の大型プール、サウナルームが設置されています。
F階には最新マシンも大変充実した最高クラスのフィットネスルームがあり、ヨガスペースもあります。
同じF階には遊具付きの屋内型キッズルーム、ミーティングルームも完備されています。

プロンポン駅まで徒歩圏内、豪華で充実したファシリティーで新築・サービス付きにもかかわらず家賃は手の届く価格に設定されています。
間違いなく2019年人気のサービスアパートとなることでしょう。

The Park at EM District の物件詳細はこちら