バンコク市内屈指の外国人居住区として知られるスクンビット通り。

タイではスクンビット通りのような大きな通りのことをタノン、そこから伸びる小さな通りをソイと呼びます。スクンビットの場合、北側のソイは奇数、南側は偶数になります。

一つ一つのソイには個性があり、それぞれの特徴や魅力があります。
その中でも特に日本人に人気のソイを、これからTKMハウジングが順次ご紹介していきましょう。

まず1回目はソイ24です。
ソイ24はプロンポン駅の南側、スクンビット通りとラマ4世通りを繋ぐ片道1車線、1.2キロと本当に小さな通りですが、市内では珍しく、真っすぐ伸びた道の両側に歩道があり歩きやすいソイです。

1999年に高架鉄道(BTS)が開通した際、ソイ39の別称のプロンポンという名前の駅ができました。もともとこのプロンポン駅周辺にはソイ33/1に日系のフジスーパーもあるため、特に日本人が多く、すなわち安全で便利、住みやすいことで圧倒的な人気がありましたが、南側のソイ24にはこれといった建物もなく、空き地や一軒家が多いソイでした。

スクンビット ソイ歩き ソイ24

ところが駅直結の商業施設、オフィスビル、ホテルを備えたエンポリアムができたころから四つ星クラスのホテル、外国人向けアパートやコンドミニアムが次々と建てられ、今や高層建築が立ち並ぶ、スクンビット内でも随一の高級感と魅力あふれるソイに発展したのです。

今回はそんなソイ24をラマ4世通りに向かって実際に歩いてみました。

スクンビット ソイ歩き ソイ24

入り口右側には女子ウケするバラ撒き土産屋さんのナラヤ、左側には歩くのが嫌いなタイ人には欠かすことのできないバイタク乗り場があります。朝夕にはバイタク待ちの長い行列ができます。

スクンビット ソイ歩き ソイ24

少しに入ると左側、深夜まで営業している「らあめん一番」、その向かいにはエンポリアムのソイ24側の入り口です。
銀行よりレートの良い両替所、スーパーリッチはエンポリアム内、ソイに面したDATエクスチェンジにも、しばしば長い行列ができています。

スクンビット ソイ歩き ソイ24

それを通り過ぎると左手にはヒルトン、右手にはお手軽にバンコクの夜景を楽しめるルーフトップバーがある2つのホテル、コンパス・スカイヴューホテルハイアットプレースが見えてきます。

スクンビット ソイ歩き ソイ24

ソイ24はペット飼育可のファミリー向けアパートが多いことも特徴です。
その中でも大型犬まで飼育可能なアサガーデンはBTSの開通前に建てられたアパートですが、改装も進み、駅に近いことから大幅に値上がりしています。
Asa Garden の物件詳細はこちら
スクンビット・ソイ24の賃貸物件一覧はこちら

ソイ24はスパやマッサージ店が多いことも特徴です。
入口付近には外国人観光客に人気のタイマッサージ店が立ち並び、センターポイント、アーヴォラ、リフレッシュ24といった有名店が点在しています。
中でもアジアハーブアソシィエィションは日本人オーナーですが、タイ伝統のハーバルボールを使ったマッサージを広めた店とも言われており、中国、韓国でも大人気だそうです。

次回はソイ24の後半を歩きます。
どうぞお楽しみに。